ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編・2

21位 OM 14.16p(1.3.1.7)

1位 ダノンドリーム(牡・ディープインパクト×オールザウェイベイビー)栗・池江
未出走
2位 メテオライト(牡・アグネスタキオン×ガヴィオラ)栗・藤原英
2.0p(0.1.0.2)
3位 ビキニブロンド(牝・キングカメハメハ×モンローブロンド)栗・安田
3.36p(0.1.0.2)
4位 ザグレース(牝・ディープインパクト×グレースランド)栗・松田博
未出走
5位 カナロア(牡・ディープインパクト×クイーンカアフマヌ)栗・藤原英
未出走
6位 マスクオフ(牝・ディープインパクト×ビハインドザマスク)美・和田道
3.8p(0.1.1.0)
7位 ディサイファ(牡・ディープインパクト×ミズナ)美・小島太
未出走
8位 フェアリーダンス(牝・アグネスタキオン×フェアリードール)栗・池江
未出走
9位 アルディエス(牡・キングカメハメハ×バレエブラン)栗・松永幹
0p(0.0.0.2)
10位 ククイナッツレイ(牡・ディープインパクト×シェルズレイ)栗・松田国
5.0p(1.0.0.1)

こちらも2歳戦は不振と言っていい昨シーズンの準優勝者。
初年度から上位をキープし続けてきただけに、最大の試練を迎えたと言っていいでしょう。

ここまで半数の5頭がデビューして勝ち上がりは1頭のみ。
ただ、アルディエス以外の4頭はポイントを獲得しておりますし、それぞれの条件で今後もポイントを積み重ねていけそう。
故障して放牧に出ていたビキニブロンドも順調に回復し、2月には栗東に戻って来れる見込み。
ただ、既デビュー組は軒並みパンチに欠けるとも言えます。

そこで期待が掛かるのが、年明けデビュー予定の大駒候補たち。
ダノンドリーム、カナロア、ディサイファという父ディープの牡馬3頭。
このあたりが評判通りにトントンと勝ち進んでいけば、最後に帳尻を合わせて上位に食い込んでくる可能性も大いにあるでしょう。
もちろん、同じ父で既に勝ち上がって放牧中のククイナッツレイにも期待が掛かりますし、どうであれディープ産駒たちがカギを握っているはずです。
[PR]
by efurin | 2011-12-25 18:02 | それぞれのPOGりん | Comments(0)