ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・10

開幕9日前に書いております。
ラジオ特番の準備とか、まだまだやることが山積されている。

さて、区切りのいい第10回目はえるこんさんの巻。
今回が参戦3シーズン目となります。

過去2シーズンは3位→10位。
連続しての100p超えは立派な成績です。
前々回はダノンパッションとラナンキュラスとグレナディーン、そして前回はコティリオンとアッパーイーストが重賞ポイントを獲得しましたが、まだ重賞勝ちはなし。

さて、その重賞制覇を果たしつつ上位への返り咲きを狙いたい今回ですが、ドラフトでは上位指名10頭中9頭が重複し、うち8頭が重複負けという悲しい結果でした。
しかし、2次ドラフト組に大物が潜んでいるケースも多く、「ドラフト結果=シーズン結果」ではないので悲観することはないと思います(昨年の管理人は上位5頭すべて重複負けした上に2次ドラフト対象は1頭だけという中途半端な形が痛かった)。

実際に確定リストを眺めますと、実に2次ドラフトの補強が豪華。
結果的に、1次ドラフトで大負けしたとは思えないほど充実した布陣に仕上がったと思います。
半数の5頭がディープインパクトの牡馬となったあたり、この中からクラシック候補が出てきてもまったく不思議ではない。
9位の母ペンカナプリンセスは、関西所属ならば私が間違いなく上位で獲りに行くところでした。

また3~5位の3頭は、それぞれ1個上の兄姉に続いてえるこんさんの所有となりました。
特に母エアパステルは、デビューを果たせないまま故障のため亡くなった全兄・エアジャクソンの分まで活躍してもらいたいものであります。

10.えるこん

1位 ストレートラブ(牝・アグネスタキオン×ラリーズン・9)
1/14・青鹿毛・白老F・万波健二・栗・松田博

母父Labeeb 母は米9勝。
「上背はそれほどないが、素軽いしバランスも取れている。これは走ってきそうな気がする。柔らかくて魅力ある馬。早めに入れて、じっくりやってみたい」(松田博師)

2位 [レッドエクスプレス](牡・ディープインパクト×アドヴァーシティ・10)
3/27・鹿毛・社台F・[東京HR]・[栗・角居]

母父Seeking the Gold クラブ募集4000万円 半兄・レッドバリオス
「ディープ産駒らしい軽い感じの雰囲気が出ている。レッドバリオスが新馬勝ちした時の雰囲気を持っている」(角居師)487キロ。

3位 [アワーグラス](牝・アグネスタキオン×ファレノプシス・14)
5/1・栗毛・ノーズヒルズM・[ノースヒルズ]・[栗・中竹]

母父ブライアンズタイム 半姉・ラナンキュラス 母はGⅠ3勝。
「ここまで大きなアクシデントもなく順調。血統や馬体からも、当然大きいところを意識している」(中竹師)「姉たちより大きめだが体つきはよく似ている。気性や体型からも2歳戦から走ってくれそう」(育成)440キロ前後。

4位 [ロードアクレイム](牡・ディープインパクト×レディパステル・11)
5/11・鹿毛・ケイアイF・「ロードHC」・[栗・藤原英]

母父トニービン クラブ募集5460万円 半兄・ロードロックスター 母はオークス馬。
「柔らかくて乗り味がとても良い馬。当然期待している。母譲りの根性もセールスポイント。クラシックを狙いたい器」(育成)460キロ台。

5位 [アドマイヤラック](牝・アドマイヤムーン×アドマイヤラピス・17)
5/14・栗毛・辻牧場・[近藤利一]・[栗・橋田]

母父Be My Guest 半兄・アドマイヤフジ、アドマイヤホープ
「アドマイヤムーン産駒は結構柔らかみがある。気性的に難しいところがあるのがどう出るか。でも動き自体はいい」(育成)457キロ。

6位 [ワールドエース](牡・ディープインパクト×マンデラ・9)
2/22・鹿毛・ノーザンF・[サンデーR]・[栗・池江]

母父Acatenango クラブ募集10000万円 母の半弟・Manduro
「大物感はあるが時間がかかるかも」(池江師)「遊びながら走っても時計を出してしまう。綺麗な走りをするし軽さもある。素材はA級なので、あと一本芯が通ったら、どんな競走馬になるか楽しみ」(育成)447キロ。

7位 [ロードハリケーン](牡・ディープインパクト×レディバラード・12)
2/14・鹿毛・ケイアイF・[ロードHC]・[栗・池江]

母父Unbridled クラブ募集5250万円 全兄・ダノンバラード 半兄・ロードアリエス
「兄以上にスケールがある。500キロ以上あってダートもこなせそうな感じだが、もちろんまずはクラシックを狙う」(池江師)「いい背中をしているしバラードに比べて筋肉質のぶんパワーがある。ただ、脚さばきは軽いので芝でもダートでも活躍してくれそう」(育成)

8位 [プレリアル](牝・アグネスタキオン×オンブルリジェール・10)
2/13・鹿毛・社台F・[社台RH]・[栗・角居]

母父Double Bed クラブ募集2800万円 全姉・ジェルミナル
「姉に似ている。サイズは姉より少し大きいが、立たせた感じがそっくり。身のこなしが柔らかい」(育成)

9位 母ペンカナプリンセス(牡・ディープインパクト・7)
2/22・鹿毛・ノーザンF・[ダノックス]・[美・萩原]

母父Pivotal 09セレクト6600万円 母は英GⅢ勝ち。
「凄く雰囲気がいい。大物感がある」(萩原師)「体型的にまとまっていて、バランスも良くいい馬。スピードはありそうで、その分、距離の融通性はやや短いかもしれないが中距離までは問題ない。クラシックを目指して進めている」(育成)485キロ。

10位 ラブラドライト(牡・キングカメハメハ×タンザナイト・9)
5/15・鹿毛・ノーザンF・吉田勝己・栗・音無

母父サンデーサイレンス クラブ募集4000万円 母の半弟・アロンダイト
「まだまだ未完成だが、動きはずいぶん変わってきた。この調子で成長してくれれば秋には面白い存在になりそう」(育成)456キロ。
[PR]
Commented by えるこん at 2011-06-12 00:19 x
それPOGお疲れ様です。

重賞はPOGりん参加以前もコスモヴァレンチの小倉2歳Sしかありません(笑)

指名のほうですが、牡馬6頭中5頭がディープ。
牝馬は4頭中3頭がタキオン。

1次で指名した上位2頭(エース候補)は最悪2頭ともとれないかもしれない
と考えていたのでストレートラブだけでもとれたのは幸いでした。

個人的に来年のマルセリーナはこれだ!と(厩舎的に)妄想してます。

POGりんでこそ上位指名されやすいかな?と考えていたので重複なしは意外でした。

3位から5位は個人的にお馴染みの母となりました。
POGりん参加前からアドマイヤフジやアディアフォーン、ロードロックスターなど指名していたこともあってか
思い出深い血統です。(今回全部補欠でしたけど・・・)

6位以降の2次、最終ドラフト組は、ピックアップ馬の中から下位ではちょっととれないかな?
と考えてはずした馬を指名しました。(むしろ1次の中位・下位が全滅だったんですけど・・)

去年に続き使い出しの早そうな馬はあまりいませんが、このメンバーで1年間楽しみたいと思います。

今年度もよろしくお願いします。
Commented by efurin at 2011-06-12 08:38
えるこんさん・・・「6位以降の2次、最終ドラフト組は、ピックアップ馬の中から下位ではちょっととれないかな?と考えてはずした馬を指名しました」とのことですが、まさにそこなんですよ、POGりんのドラフトで2次ドラフトに持ち込む利点というのは。
今回、えるこんさんの他、そらおみさん、galvezさんあたりも、そんな感じで結果的に分厚い布陣になったと思います。
来年以降、ドラフト戦術的に影響を残すのではないかと思っております。
まあ、みんな1年後は忘れてるかもしれませんが(笑)。
実はわたくし、ストレートラブは当初、指名リストに入れるつもりでしたが、クレヴェジーナ、アルアマーナとどうしても上位で獲りたい牝馬が2頭いたので泣く泣く外した経緯でした。
ストレートラブも上位でなきゃ獲れない、という感触があったもんで。
牝馬名人の松田博師のトーンも高いですし、牝馬エースとしてきっちり結果を出してくることを願いましょう。
それでは、また1年間よろしくお願いいたします。
by efurin | 2011-06-11 19:53 | それぞれのPOGりん | Comments(2)