ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・22

さて、ゴールが見えてきました。
この任務を終えたら、雑誌・ネット系POGの検討やるんだ。

そんな第22回。
昨シーズンより、旧知の友である津里氏のふがいなさっぷりに参加を決意した平田さん。
しかし、その意気込みも空回りしての最下位フィニッシュ。
お母さんに選んでもらった5位指名馬・ジョーアポロンがシーズン最終週に勝ち上がったのが最大の見せ場でしたか。
いや、密かに阪神JFの出走もあったか(グルーヴィクイーン・17着)。

そして参戦2シーズン目の今回。
巻き返しを図るべく早くから勉強に励んでいたそうです。

ドラフト結果自体は可もなく不可もなくといったところでしょうか。
2次ドラフトにて1頭を補充して終了。

10頭中4頭が追分F生産馬というのが目立つ特徴。
社台系クラブ所属馬を満遍なく散りばめております。
2、3位指名馬はちょっとダート寄りの香りが漂いますね。

上位2頭は共に松田博厩舎ってところが安心材料か。

それにしても、いきなりスタートから9頭での闘いを強いられてしまったのは痛いかもしれません。

22.平田

1位 ピュアソウル(牡・ディープインパクト×ヒストリックスター・4)
2/25・鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・松田博

母父ファルブラヴ クラブ募集4600万円 母の母・ベガ
「体重は400kgを超えるくらい。体高があるところはディープっぽいんだが、全体的にはファルブラヴの影響が出た馬体になってきた。母はベガの子供だし走ってほしい一頭」(松田博師)「ちょっとテンションが高いところはあるが、性格の強さがあり、それが負けん気として表れている。柔らかくて沈んでいくような走りをする。ここまでは凄く順調」(育成)

2位 ペルルフィーヌ(牝・ブライアンズタイム×スペリオルパール・11)
1/11・黒鹿毛・白老F・サンデーR・栗・松田博

母父ティンバーカントリー クラブ募集2000万円 母の半兄・ナリタブライアン、ビワハヤヒデ

3位 [イースターパレード](牡・ゴールドアリュール×インディパレード・11)
1/27・栗毛・追分F・[G1レーシング]・[栗・平田]

母父A.P.Indy クラブ募集1800万円
「見た目は馬体だけで言えば重たく見えるが、走りは軽く、見た目以上の器用さがある。ダートは得意だが芝でもいけると思う」(育成)531キロ。

4位 [アペラシオン](牝・アドマイヤムーン×アンブロワーズ・7)
3/25・黒鹿毛・ノーザンF・[サンデーR]・[栗・平田]

母父フレンチデピュティ クラブ2200万円 母はGⅢ勝ち。
故障のため引退。

5位 [チュウキチ](牡・ディープインパクト×シェリーザ・17)
4/18・黒鹿毛・下河辺牧場・[小田切有一]・[栗・音無]

母父Caerleon 半姉・サンアディユ
「馬体は500キロ近くあって、とにかくいい馬。この血統の問題は気性面だけ。半兄サンライズアバカスも秘めた能力は高いが、テンションの高いところがあって結果を出せないでいる。そのあたりさえ問題なければ走ってくれると思う」(音無師)「気持ちを前面に押し出して、とにかく一生懸命に走ってくれる馬。坂路でバリバリ乗り込んでいるが、カイバ食いが良いので体にはまだ余裕がある。背中は凄く柔らかいし、能力の高い馬」(育成)467キロ。

6位 ジェイド(牡・ハーツクライ×レッドチリペッパー・13)
2/14・芦毛・社台F・山岸桂市・美・杉浦

母父Unbridled 10セレクト3100万円 母は重賞2勝。

7位 キュールエココ(牝・タニノギムレット×クリックヒア・10)
1/19・黒鹿毛・追分F・岡本良三・栗・中尾

母父サンデーサイレンス
「キャンターでは体を大きく使い、フットワークもいい。小柄な馬だが見た目よりも大きな走りができている。気性的にも問題なく、このままペースを上げていきたい」(育成)389キロ。

8位 ハイリリー(牝・アグネスタキオン×テイクミーハイヤー・9)
1/30・栗毛・追分F・G1レーシング・美・尾形

母父トニービン クラブ募集2000万円
「なかなかいい馬。順調に来ているし、ちょっと楽しみにしている」(尾形師)「他の馬と比べても一回り筋肉質だし体の使い方も器用。走ることに対しては非常に前向きだし、むしろ一生懸命過ぎるくらいのところがある。順調に調整できている優等生。トニービンの血が入っているし、マイルぐらいまでなら問題ないと思う。折り合い一つで距離は対応できるように思う」(育成)459キロ。

9位 プレミアムタイム(牡・ハーツクライ×タイムトゥダンス・18)
4/28・栗毛・追分F・社台RH・美・国枝

母父Nijinsky クラブ募集1800万円 半兄・タイムトゥチェンジ
「マッチョで力強い」(国枝師)「男馬らしい力強さがあるし、いかにもハーツクライの仔という感じ。動きの方も目立つし、このまま順調に鍛え込んでいけば楽しみな一頭」(育成)480キロ。

10位 [アイスフォーリス](牝・ステイゴールド×リリウム・4)
1/17・芦毛・白老F・[サンデーR]・[美・相沢]

母父クロフネ クラブ募集1400万円
[PR]
by efurin | 2011-06-15 00:09 | それぞれのPOGりん | Comments(0)