ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・9

さて、ドラフトも終了した翌日であります。
実際にアップするのはいつなのか知りませんが。

まだまだ先は長い第9回目。
今回はビエンビエンさん。

第2回シーズンから参戦し、ここまで8→9→9位と、なぜかいつも決まった順位帯で収まっております。
シェーンヴァルト、ダイワファルコン、ボレアスと、毎回1頭はいぶし銀的にOP活躍馬を輩出。
そろそろパンチの効いた重量級を出したいところでありましょう。

今回のドラフトでは重複で勝ったり負けたりの攻防の末(3勝5敗)、どうにか2次ドラフトは回避。
ディープ産駒は1頭のみで、その他、社台系種牡馬の実績どころを多岐に渡って揃えた感じです。
昨シーズン、それぞれ2勝を挙げたボレアス、ヴァーゲンザイルの下を確保し、ちょっとしたビエンビエン血統っぽい感じであります。
母アドマイヤグルーヴを補欠1位で一本釣りといったあたりは、いかにもPOGりんのドラフト、といった感じでしたね。

大物候補と速攻系候補がバランス良く散りばめられており、上手くいけばシーズンを通して楽しめそうな布陣ではないかと思います。
あと、我がカフナの半弟をどうかよろしくお願いいたします。

9.ビエンビエン

1位 [ブランクヴァース](牡・ネオユニヴァース×クイーンソネット・17)
3/30・黒鹿毛・社台F・[社台RH]・[栗・藤原英]

母父ノーザンテースト クラブ募集5000万円 半姉・ワイドサファイア 全兄・ヴァーゲンザイル
「全兄も頑張っているが、この仔も負けずとも劣らない素質を持っている。バネもあるし悍性の良さも出ている。立たせた時の格好良さ、品の良さは目立つ。SSから受け継いだ無駄な肉付きのない、薄く見える独特の体型のせいか。クラシック戦線に乗って欲しい一頭」(育成)

2位 母ヴァンドノワール(牡・ハーツクライ・13)
2/18・黒鹿毛・ノーザンF・[ダノックス]・[栗・橋口]

母父ヘクタープロテクター 09セレクト4500万円 半姉・ブラックエンブレム
「GⅠ馬の半弟という血統だけあって素晴らしい馬体をしている。胴伸びがあって大人っぽい雰囲気を持っているだけに楽しみな一頭」(橋口師)

3位 アデンピアモ(牝・アグネスタキオン×ツィンクルブライド・18)
2/2・芦毛・ノーザンF・吉田勝己・栗・橋口

母父Lyphard クラブ募集2400万円 半兄・ペールギュント
「毛色も馬体も母親そっくり。牝馬にしては頼もしい460~470キロぐらいの体があるし楽しみ」(橋口師)

4位 エーシンエムディー(牝・キングカメハメハ×エイシンルーデンス・13)
4/3・黒鹿毛・栄進牧場・栄進堂・栗・大久保龍

母父サンデーサイレンス 母は重賞2勝。
「なかなかシャープな動きをしている。ゲート試験をうまくクリアできれば、実戦に向けての調整へ」(大久保龍師)「動きが柔らかくて大物感がある。ただ、精神面のコントロールが難しい血統。こちらに来た当初はおとなしいかなと思ったが、乗り込んで来たらやはり難しい面が出てきた。この気性が良い方に出てくれれば相当走るはず」(育成)5月下旬、入厩済。

5位 [マウントシャスタ](牡・ディープインパクト×クロウキャニオン・7)
3/1・鹿毛・ノーザンF・[金子真人HD]・[栗・池江]

母父フレンチデピュティ 全兄・ボレアス 半兄・キラウエア
「ダートを視野に入れつつ、イメージにとらわれず芝から使っていこうと思う」(池江師)

6位 アイムユアーズ(牝・ファルブラヴ×セシルブルース・6)
1/15・栗毛・ノーザンF・ユアストーリー・美・手塚

母父エルコンドルパサー 10セレクト1650万円
「丈夫で仕上がり早。函館でのデビューを目標にしている」(手塚師)「凄くいい。早い時期にデビューできそう。マイルぐらいが良さそうだし桜花賞を意識している」(育成)454キロ。5月上旬、入厩済。

7位 アドマイヤトライ(牡・シンボリクリスエス×アドマイヤグルーヴ・9)
3/24・黒鹿毛・ノーザンF・近藤利一・栗・橋田

母父サンデーサイレンス 母はGⅠ2勝など重賞5勝 半姉・アドマイヤセプター
「柔らかみのある馬体で母系の良さが出ている。母の産駒では初の男馬なので楽しみ」(橋田師)「乗り味からも父の産駒に多く見られる硬さはないし、凄く母親に似ている。速いところにいった時に正面から見てもブレがないし、母親のいいところが出ている。走りのレベルは高いし、スピードと切れは一級品」(育成)473キロ。

8位 プレレフア(牡・シンボリクリスエス×ピンクパピヨン・11)
2/22・鹿毛・ノーザンF・キャロットF・栗・松田博

母父サンデーサイレンス クラブ募集5000万円 半兄・カフナ 全兄・マナクーラ
「非常に乗り味の良い一頭。多少硬さはあるが、これから成長と共に変わっていきそうだし力強さはかなりのものがある。芝の長いところが合うと思う。キレよりもジワジワと伸びていくイメージでしぶとい競馬を見せてくれると思う」(育成)495キロ。

9位 アンメテオール(牡・ジャングルポケット×キラリダイヤモンド・7)
3/20・黒鹿毛・社台F・社台RH・栗・中尾

母父フジキセキ クラブ募集2400万円 母の半弟・タスカータソルテ

10位 リードホイッスル(牡・キングカメハメハ×ペニーホイッスル・7)
3/31・鹿毛・白老F・キャロットF・美・松山康

母父サンデーサイレンス クラブ募集4000万円
[PR]
by efurin | 2011-06-11 13:32 | それぞれのPOGりん | Comments(0)