ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・8

まだまだ先は長いのう。

第8回はgalvezさん。

参戦初年度の昨シーズン、マイネル・コスモ勢、及び矢作厩舎勢を主体としたリストで圧倒的な出走回数を確保。
その中からプレイが重賞戦線で健闘を見せ、終盤には全馬デビュー達成もあり8位フィニッシュ。
毎週のように複数の出走馬がいたような印象が残っております。
これ、POGにおいて大事なポイントの一つ。

そして今シーズンの1次ドラフトでは9頭が重複負けという結果でしたが、それを補って余るような大物超良血馬たちを確保。
特に母オリエンタルアート、母ビワハイジ、母アドマイヤサンデーの一本釣りは驚きました。
5位指名馬もマツクニ厩舎の一番馬っぽい評判ですし。
まさにPOGりんドラフトの盲点を突いた、「上手いことやった」感漂う結果となりました。

2次ドラフトでも良血馬、評判馬を補充し、各馬が血統の額面通りに走ってくれば、これはまさに超重量級打線。
「銀河系軍団」ですよ、銀河系。

8.galvez

1位 [マトゥラー](牝・ディープインパクト×オリエンタルアート・12)
4/22・鹿毛・白老F・[サンデーR]・[栗・池江]

母父メジロマックイーン クラブ募集3600万円 半兄・ドリームジャーニー、オルフェーヴル
「ディープ産駒らしくこぢんまりした馬で、半兄たちと同じように無理することなく夏にデビューできそう。これはPOG向きだしクラシックにも繋がる馬」(池江師)「ディープの良いところをすべて集結させたような馬。柔らかいし、乗り心地も抜群。この血統は気性的にうるさいところがあるが、この仔にもそういった部分はある。ただ、そのうるささが良い方向に出るのがこの一族の良さ」(育成)436キロ。

2位 エックスマーク(牡・ディープインパクト×ショアー・10)
3/16・鹿毛・ノーザンF・金子真人HD・栗・角居

母父Acatenango 09セレクト4300万円 半兄・ショウナンバーズ
「体も大きくて立派な馬体。今は気性が勝っているので、それが上手く闘争心として出てくれればと思っている」(角居師)「この馬については何も言うことはないぐらい。柔らかくてバランスも良く大物感がある。早めに使えそうだし、当然クラシックを狙える器だと思う」(育成)483キロ。4月下旬に入厩。早期デビューを予定していたが疲れがでたため一旦放牧に。

3位 ジョワドヴィーヴル(牝・ディープインパクト×ビワハイジ・16)
5/13・鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・松田博

母父Caerleon クラブ募集7000万円 半姉・ブエナビスタ 半兄・アドマイヤオーラ 全兄・トーセンレーヴ
「これまでの兄姉たちとちょっとタイプが違う。体高があって胴の伸びがある。アドマイヤオーラなんかはどちらかと言えば背が低かったし、ブエナビスタやアドマイヤジャパンともちょっと違う。父の特徴が出ているのかも。でも、馬は柔らかいし牧場の人間もいいと言っていた。ここまで順調に来ているのが何より」(松田博師)「何も言うことはない。やや遅生まれなので目標は来年の春だが、自ずと結果は付いてくるだろう。父がディープに替わって柔らかさが出てきた。キャンターの乗り味はピカイチ」(育成)426キロ。

4位 [エンジェルフォール](牝・ジャングルポケット×アドマイヤサンデー・14)
2/28・鹿毛・ノーザンF・[キャロットF]・[栗・角居]

母父サンデーサイレンス クラブ募集4000万円 全姉・トールポピー、アヴェンチュラ 全兄・フサイチホウオー
「さすがに大物は違う」(育成)春先より右飛節に腫れが見られる模様。

5位 ハギノタイクーン(牡・キングカメハメハ×リアルナンバー・12)
3/26・鹿毛・ノーザンF・日隈良江・栗・松田国

母父Rainbow Corner 09セレクト3000万円 母は亜GⅠ勝ち馬。
「理想的な骨格をしている。体もちょうどいいボリューム感。やはりダービーを意識させる馬」(松田国師)470キロ前後。6月上旬、入厩済。

6位 ロジダンス(牡・ゴールドアリュール×ルカダンス・13)
2/9・栗毛・ノーザンF・久米田正明・美・萩原

母父ヘクタープロテクター 09セレクト4200万円 半兄・アイアンルック
「全体的な雰囲気は悪くない。これまで順調に来ている」(萩原師)「長所が多い馬。スピードもパワーもある。でも一番良いのは素直なところ。早期デビューになると思う。スピードがあるので芝でいけると思うが、調教でチップが当たろうが砂を被ろうがまったく気にしないで突き進んでいく強靭な精神力もあるので、ダートに関してはまったく問題ない」(育成)475キロ。

7位 [サンライズチケット](牡・アグネスタキオン×メインリー・13)
5/6・鹿毛・下河辺牧場・[松岡隆雄]・[栗・音無]

母父Wild Again 全兄・サンライズプリンス
「少し成長が遅れているからゆっくり構えていくが、兄にそっくりだから楽しみ」(音無師)「夏を越して変わって来たプリンスと違い、体は既にしっかりとしているし、柔らかさを十分感じさせる乗り心地。気性も前向きで、現時点での手応えは兄以上だから当然期待は大きくなる」(育成)500キロ超。

8位 アドマイヤバラード(牡・ハーツクライ×プロモーション・15)
3/14・栗毛・ノーザンF・近藤利一・栗・友道

母父ヘクタープロテクター 半兄・アドマイヤメイン 近親・アドマイヤジュピタ
「父は替わったがメインによく似ている。現状では欠点がないので絶対にクラシックに乗せないといけない馬。秋の京都でデビュー戦を迎えたい」(友道師)

9位 [レッドヴォーグ](牝・シンボリクリスエス×ディクシージャズ・10)
2/11・鹿毛・ノーザンF・[東京HR]・[栗・矢作]

母父トニービン クラブ募集1600万円 半兄・レッドデイヴィス
「非常にバランスがいい。兄姉がどうこうじゃなくて素直にいい牝馬。気性は今のところ問題ない」(矢作師)「ここにきての成長が著しく、思った以上に良くなってきた馬。大柄でパワーもあるが柔軟性もあるので芝の方が良さそう。距離も長い方がいい」(育成)520キロ。

10位 ハッピーシャワー(牝・ファルブラヴ×ディアアドマイヤ・12)
3/29・鹿毛・ノーザンF・馬場幸夫・美・牧

母父サンデーサイレンス 10セレクト2000万円 全姉・ワイルドラズベリー
「血統的にも上が走っているし、いい馬に特有の気の強さがある。函館の一発目を目標にしている」(牧師)「馬体のつくりは姉に似ているし、早い時期に入厩できるぐらいだから当然動きも目立っている。重賞はもちろんGⅠまで期待できると思う」(育成)4月上旬、入厩済。函館デビュー予定。
[PR]
by efurin | 2011-06-11 04:39 | それぞれのPOGりん | Comments(0)