ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・7

2次ドラフト受付中の第7回です。
水面下で進めてる感じが漂うでしょ、こう書くと。

さて、今回は伊藤開示さん。

参戦初年度の昨シーズンは2歳戦からアドマイヤセプター、サトノフローラ、サトノオーと新馬戦圧勝を連発。
その他、2歳戦のうちにリフトザウイングス、クリアンサスも勝ち上がり、一時はGⅠ戦線に何頭乗せてくるのだろうか、と期待したものでしたが、その後の重賞戦線では若干、パンチに欠ける結果に終わりました。
ただ、10頭中8頭がポイントを獲得し全馬デビューも達成と、シーズン全体を通して戦力は整っていたと思います。

今回のドラフトでは若干、重複負けも目立ち、1次ドラフトでは7頭確保に留まりましたが、それでも昨シーズンに続き、母エアトゥーレを1位指名の牡馬エースとして死守。
クランモンタナには前回のサトノオー以上の活躍を期待しましょう。

また、2次ドラフトにてモルトフェリーチェが補強され、これで昨シーズン1、2位指名馬の下が揃ってリスト入り。
「伊藤血統」っぽくなっていくのかもしれませんね。

全体的に母の年齢が若めで、どことなく活力がありそうなリストに仕上がったのではないかと思います。
昨シーズン、あと一歩及ばなかった重賞タイトル獲得に向け、各馬頑張って走ってくれるといいですね。

7.伊藤開示

1位 クランモンタナ(牡・ディープインパクト×エアトゥーレ・12)
2/12・芦毛・社台F・社台RH・栗・音無

母父トニービン クラブ募集15000万円 半兄・キャプテントゥーレ 半兄・アルティマトゥーレ
「凄くバランスのいい馬で現在は480キロぐらいの馬体。これだけの血統馬だから走らせなければならない」(音無師)「毛色も含めてサトノオーに似たところがあるが、現時点の比較では弟の方が馬格もあって力強い。集中力もあるし素晴らしいフォームを見せてくれている」(育成)

2位 ウィケットキーパー(牝・アグネスタキオン×コートアウト・11)
3/3・鹿毛・社台F・吉田照哉・美・国枝

母父Smart Strike クラブ募集3000万円 半兄・ストロングリターン
「雰囲気がいいし、面白いものがありそう」(国枝師)

3位 母レジェンドトレイル・6(牝・フジキセキ)
4/7・鹿毛・ノーザンF・[林正道][美・堀]

母父フレンチデピュティ 10セレクト2600万円 母の半姉・シンコウラブリイ、ハッピーパス

4位 母ウィンドハック・6(牝・フジキセキ)
3/3・青鹿毛・社台F・[不明]・[不明]

母父プラティニ

5位 ウイニングサルート(牡・フレンチデピュティ×ヘヴンリーロマンス・9)
4/25・栗毛・ノースヒルズM・ノーズヒルズ・栗・松永幹

母父サンデーサイレンス 母は天皇賞(秋)など重賞3勝。
「父は替わったが兄(ヴェイロン)にそっくり。上はこの時期に入厩していたが、この馬は急ぐこともない。ガッチリしたたくましい馬体をしている。もちろん期待は大きい」(松永幹師)500キロ前後。

6位 ロゼシャンパーニュ(牝・ゼンノロブロイ×アーティストチョイス・7)
1/24・黒鹿毛・ノーザンF・大塚亮一・栗・浅見

母父Giant's Causeway 10セレクト2700万円
「骨の成長が遅れていたので少しペースを落としていたが、GW明けまでには他馬に追いつける。ゼンノロブロイ産駒らしくキビキビとしたフットワークだし2歳戦向き」(育成)441キロ。

7位 母コーレイ・12(牝・ディープインパクト)
3/9・青鹿毛・白老F・[前田幸治]・[栗・松永幹]

母父Know Heights 09セレクト1900万円 母は伯GⅠ勝ち。
「滞空時間が長く軽いキャンターをする。母は長い距離で活躍したそうだが、馬体や走り方からは短めの距離が合いそう。乗り味も抜群で素質が高そう」(育成)390~400キロ。

8位 母レディオブチャド・12(牡・ネオユニヴァース)
2/8・青鹿毛・社台F・[野田みづき]・[美・藤沢和]

母父ラストタイクーン 09セレクト7800万円 半姉・ジュエルオブナイル 母は仏GⅠ勝ち。
「セレクトセールに上場した時から馬体の良さは光っていた。雄大な馬格で全身のバネは父譲り。調教でも機敏な動きを見せている。どの種牡馬を付けても短距離で走る血統だが、馬体や動きを見る限り決してスプリンターという印象は受けない。マイルから中距離ぐらいまで対応できると思う」(育成)480キロ。

9位 モルトフェリーチェ(牝・ディープインパクト×レンドフェリーチェ・9)
2/5・鹿毛・社台F・社台RH・栗・宮

母父Cozzene クラブ募集3000万円 半兄・リフトザウイングス
「兄に負けず劣らずの好素材。気持ちも前向きでバネの利いた小気味よさがあるし、はずむような動きを見せてくれている。このまま順調に育ってくれれば言うことない。世代の中心を担うような存在になってほしい」(育成)440キロ。

10位 サウスパシフィック(牡・ステイゴールド×フィジーガール・13)
4/5・鹿毛・沖田牧場・シェイク・モハメド・美・二ノ宮

母父カコイーシーズ 09HBAセレクション810万円 全兄・ナカヤマナイト
「上(ナカヤマナイト)に劣らぬいい馬体。大型馬でナカヤマナイトとは違ったタイプだと思う。このまま順調に進めば早い時期のデビューを考えたい」(二ノ宮師)「馬体だけで見れば一、二を争うグッドルッキングホース。馬体は大きいが手先が軽く動きの良さが目を惹く」(育成)490kg超。6月上旬、入厩済。
[PR]
Commented by 伊藤 at 2011-06-11 10:26 x
執筆お疲れさまです。今回のドラフトにあたっては、1~10位で戦って、補欠で補充ではなく、15頭戦って2次へを考えていたので、作戦どうりです。オネストリーダーリンは欲しかったですけど。
母レディオブチャドは狙っていたのですが、下位だと無理そうなので、他のネオを挙げていたんですがこちらをとれてよかったです。
伊藤血統といえばムーンレディは残念でした。去年は2次でとれた上に活躍なしだったので2位で指名するのは頑張ったのですが。
期待馬は母ムーンレディと同じ母父プラティニでエリンコートの母も制覇したイタリア1000ギニー勝ちの母ウィンドハックにします。
Commented by efurin at 2011-06-11 13:18
伊藤さん・・・なるほど、確かに2次ドラフトまで進むことを前提に戦略を組み立てるというのは、この15頭指名ルールになってから重要な考え方かもしれません。
というのは、今回集計して思ったのですが自分も含め、どうしても上位リストで「他者との重複を避けよう」なんてヒネクリ回すと、補欠の5頭あたりが完全に穴狙いというか、どうしても貧弱になる。
結果、「上位で重複負け」→「補欠がすべて確定リスト入り」という、まさに昨年のわたくしのパターンがそれでした。
今回、伊藤さんもそうだし、galvezさん、えるこんさん、そらおみさんといったあたり、2次ドラフトまで進んだ結果、確定10頭すべてにアンコが詰まったたい焼きみたいな分厚い布陣になったような気がします。
だからと言って、それがそのまま結果に繋がるわけじゃないですが、結局のところ、毎回必ず1次ドラフト確定から漏れた中にも良血馬が多く残っているので、それを2次でゆっくり選ぶというのは有効な手なんだと。
レディオブチャドとかレンドフェリーチェとか、普通のPOGなら1次の下位あたりで消えてそうですもんね。
母オネストリーダーリンはデビューが早そうなので上位で狙っておりましたです。
by efurin | 2011-06-11 01:33 | それぞれのPOGりん | Comments(2)