ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・4

第4回。
公開はドラフト終了後でしょうが、今これを書いているのは安田記念の発走前だったりします。

今回は昨シーズン4位のtokiさん。
POGりん参戦初年度にいきなり優勝。
ヴィクトワールピサ、リディル、リルダヴァルらを擁しての圧勝劇でした。

昨シーズンも序盤から上位をキープし、重賞こそ未勝利でしたがデボネア、リベルタス、ホーマンフリップ、レッドセインツ、ドナウブルーの5頭が重賞でポイントを獲得して4位に食い込みました。
勝利数の12は昨シーズンの最多勝で、このあたりもさすがであります。

今回のドラフトでは、複数重複の負けもありましたが、その中で10名重複となったエポキシの獲得に成功。
POGりんドラフト1番人気(昨年はレーヴディソール)の名に恥じぬような活躍を期待したいです。

その他、社台、ノーザンFの良血馬で固めている中で、中位指名にダーレー生産馬が2頭。
デボネアに次ぐ活躍馬が出るかも注目でしょう。
下位の布陣も分厚く、まさに帝王の名に恥じないリストに仕上がったと思います。

4.toki

1位 母ムーンレディ・12(牡・ディープインパクト)
4/14・鹿毛・社台F・[ダノックス]・[栗・藤原英]

母父プラティニ 半兄・エイシンフラッシュ
「ディープの仔で少し小柄なところがあるけど、前向きな気性で筋肉の発達は素晴らしいものがある」(育成)450キロ。

2位 エポキシ(牝・ディープインパクト×シーズアン・12)
4/30・鹿毛・ノーザンF・キャロットF・美・国枝

母父ザイーテン クラブ募集3200万円 全兄・テンペル 母は英GⅠ勝ち。
「ディープの女馬で軽いし、いいバネがありそう。牧場でも評判になっているみたい。雰囲気のいい馬だし、これは早めに入れると思う」(国枝師)「ディープらしい軽い作りでバネもある。このままいけば早い時期にデビューできそう」(育成)442キロ。5月中旬、入厩。6/25中山芝1200でデビュー予定。

3位 ジェンティルドンナ(牝・ディープインパクト×ドナブリーニ・6)
2/20・鹿毛・ノーザンF・サンデーR・栗・石坂

母父Bertolini クラブ募集3400万円 全姉・ドナウブルー
「姉とは馬格が全然違う。スピードよりパワーが強く出ている感じ。焦らず秋口ぐらいからのスタートになると思う」(育成)486キロ。

4位 [ヴィルシーナ](牝・ディープインパクト×ハルーワスウィート・8)
3/5・青毛・ノーザンF・[佐々木主浩]・[栗・友道]

母父Machiavellian
「牝馬にしては体があって落ち着いている」(友道師)「ディープ産駒の中でもおとなしい馬。素軽い走りをするし、今のところ不安点はない。9月あたりにデビューできれば」(育成)442キロ。

5位 ヴァンガード(牡・アグネスタキオン×スプリングレイン・7)
5/10・鹿毛・ダーレージャパンF・シェイク・モハメド・栗・藤岡健

母父Dubai Millennium
「芝の中距離あたりに適性がありそう。クラシックも視野に入れておきたい1頭」(育成)500キロ前後。

6位 [イクオリティ](牡・フジキセキ×ラウンデル・7)
3/5・鹿毛・ダーレージャパンF・[マクトゥーム家]・[不明]

母父キングマンボ

7位 トップスカーレット(牝・ダイワメジャー×スルーオール・19)
1/22・栗毛・ノーザンF・林正道(社台OC)・美・上原

母父Seattle Slew クラブ募集1600万円 半姉・スルーレート
「結構仕上がりがいいから早くデビューできそう。素直で扱いやすいタイプ」(上原師)「夏に使う予定でいる。非常に良い動きを見せている。スピードがあるし、お父さんみたいに先行して押し切るようなレースを見せてくれそう」(育成)

8位 [カレイドスコープ](牝・ディープインパクト×アジアンミーティア・9)
3/8・鹿毛・ノースヒルズM・[ノースヒルズ]・[栗・中竹]

母父Unbridled 全兄・ダコール 半姉・ルシュクル
「見た目に欠点らしい欠点がない素晴らしい馬。気性も今のところおとなしいし、牝馬に変わってどうかだけ」(中竹師)「気性は前向きだし、手先は軽いし、背中は良いしで文句のつけようがない馬」(育成)

9位 [トーセンホマレボシ](牡・ディープインパクト×エヴリウィスパー・12)
3/23・鹿毛・ノーザンF・[島川隆哉]・[栗・池江]

母父ノーザンテースト 09セレクト15500万円 半兄・トーセンジョーダン、ダークメッセージ
「いかにもディープ産駒という感じ。ジョーダンとはタイプが違う。明らかに芝向き。レースでは450キロ前後になると思う。10月デビューを目指す」(池江師)「ディープ産駒なので闘争心を出して走る。乗り味もいいし、この馬は一瞬の切れ味で勝負する馬になりそう」(育成)

10位 母メイボール・12(牡・ディープインパクト)
1/26・鹿毛・社台F・[花木照人]・[不明]

母父Cadeaux Genereux 09セレクト4000万円 母は仏GⅠ勝ち。
[PR]
Commented by toki at 2011-06-09 19:37 x
今年は2次ドラフト参加も視野に競合で取られるの見越して人気ありそうなとこ狙ったつもりだったのですが、一次リストで終わるという…ちょっと予想外の状況、そして馬の力が劣るようでもデボネアのようにデットーリ起用で最後まで楽しめそうなのでダーレー馬を意識して取ってます、気になる馬は母ワンフォーローズ、2次の枠を持ってたら多分手を出していたと思います。
Commented by efurin at 2011-06-09 20:24
tokiさん・・・ダーレーの母ラウンデルはわたくしと被っておりましたね。ダーレーは今シーズンもどこかから一発、大物っぽいのが出てくると踏んでおります。
確かに父ディープ6頭が確定リスト入りしつつの2次ドラフト回避は結構、予想外な話かもしれません。
あ、レディアルバローザの下も評判いいですよね。初仔であれだけ走りましたし、父がキンカメからディープに替わり、厩舎も笹田から角居に替わったとなると・・・走りそう。
by efurin | 2011-06-09 19:02 | それぞれのPOGりん | Comments(2)