ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編⑱

何やらとても機械的な作業になりつつあっていかん。
仕方ないっちゃあ仕方ないのですが。

14位 カワタカ 22.8p(3.0.1.8)

1位 テイエムモーション(牡・テイエムオペラオー×テイエムオーシャン)栗・新川
0p(0.0.0.1)
2位 アルティシムス(牡・ディープインパクト×アルーリングアクト)栗・野村
7.0p(1.0.0.2)
3位 ゲティスバーグ(牡・リンカーン×ベルベティーン)栗・大橋
0p(0.0.0.2)
4位 母ナリタオリーブ(牝・リンカーン)[未定]
未出走
5位 ツナミ(牝・Rock of Gibraltar×ペンタルビー)栗・羽月
1.8p(0.0.1.2)
6位 リトルダーリン(牝・ディープインパクト×エリモエクセル)栗・角居
7.0p(1.0.0.1)
7位 [サルヴァトーレピサ](牝・ディープインパクト×フェルメールブルー)[栗・藤原英]
未出走
8位 ピンクファンタジー(牝・アグネスタキオン×ポーリッシュピンク)美・小島茂
未出走
9位 母ホクセツパートナー(牡・マンハッタンカフェ)[未定]
未出走
10位(代替) ロジハーツ(牡・ハーツクライ×オルターネイティヴ)美・萩原
7.0p(1.0.0.0)

秋の中央開催に入ってもデビュー馬が出ず、最下位だった昨シーズン同様、今シーズンも下位低迷かと思われましたが、終わってみればデビュー6頭中3頭が新馬勝ち。
そのうちの2頭、アルティシムスはその後、2戦連続5着、リトルダーリンは阪神JFで11着でしたが、どちらもまだこれからが楽しみな存在だと思います。
特にリトルダーリンは新馬勝ち直後のGⅠでレーヴディソールからコンマ8秒差だから、決して悲観するものではないはず。

しかし、未デビュー組で初陣の近そうな馬はおらず、最も期待がかかるのは先日、新馬を勝ったばかりのロジハーツと言えるかもしれません。
ただ、勝ち時計がかなり遅かったですし(中山1600で1.38.4)、次走でどのぐらい走れるかに注目したいです。
1/5のジュニアCに登録がありますが、出てくれば中9日になりますし、微妙なところかもしれませんね。

あと、1位指名馬のテイエムモーションは温かく見守っていきましょう。
勝ち上がる力は持っていると思います。
[PR]
by efurin | 2011-01-02 16:27 | それぞれのPOGりん | Comments(0)