ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編⑬

例年になく控えめな内容だと思います、今回。

13位 九官鳥 25.6p(2.3.0.8)

1位 アドマイヤコリン(牡・ディープインパクト×シルクプリマドンナ)栗・橋田
12.24p(1.0.0.1)
2位 インパクトゲーム(牝・ディープインパクト×グッドゲーム)栗・松田博
9.36p(1.1.0.0)
3位 ロジッツェル(牡・スニッツェル×グリントウィーク)美・萩原
4.0p(0.2.0.1)
4位 [ラスティンメモリー](牝・ダンスインザダーク×メモリーズオブロニー)[栗・坂口則]
未出走
5位 ダノンエンパイア(牡・Empire Maker×キャットアリ)栗・松田国
未出走
6位 ヴァレノーヴァ(牝・アグネスタキオン×ヴァレンティン)栗・白井
0p(0.0.0.1)
7位 ローレルキングダム(牡・キングカメハメハ×ラヴァーズレーン)美・大竹
未出走
8位 ハイランドダンス(牝・ゼンノロブロイ×ルカダンス)美・菊川
0p(0.0.0.2)
9位 ジャック(牡・キングヘイロー×ヴォイスフロムヘヴン)美・斎藤
0p(0.0.0.3)
10位 [ワンダージュネス](牡・オペラハウス×ワンダーヘリテージ)[栗・羽月]
未出走

夏場に牝馬エース・インパクトゲームが勝ち上がるも故障のため離脱。
その他のデビュー馬4頭はイマイチ冴えない成績でしたが、11月に入って牡馬エース・アドマイヤコリンが新馬勝ち。
続くラジオNIKKEI杯でも掲示板を確保し、将来性がありそうなところを見せてくれました。

今後に向けては、アドマイヤコリンの活躍はもちろん、インパクトゲームの早期復帰が待たれる現状だと思います。
それほど重傷ではなかったみたいですし、期間内に戻って来れるのではないでしょうか。

あと、ハイレベル新馬で6着だったヴァレノーヴァの2戦目には注目が必要だと思います。
9/19の新馬戦以来、ソエで休んでおりましたが、復帰は近そう。

元々、アドマイヤコリンも札幌でアクシデントに見舞われ、デビューが11月までずれ込んだ経緯がありましたし、ちょっと運がない印象の今シーズンですが、年が明けて流れが変わればいいですね。
[PR]
by efurin | 2011-01-02 00:55 | それぞれのPOGりん | Comments(0)