ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編⑫

もはや、普段の週末と変わらんではないか。
そんなシリーズ折り返し地点。

10位 メジロマック委員会 35.08p(2.1.2.17)

1位 オルフェーヴル(牡・ステイゴールド×オリエンタルアート)栗・池江寿
16.08p(1.1.0.1)
2位 [エイダイポイント](牡・ネオユニヴァース×エイダイクイン)[未定]
未出走
3位 [ホワイトスターズ](牝・ゼンノロブロイ×ビジューブリアン)[未定]
未出走
4位 サイクロンフォース(牡・ゼンノロブロイ×タケイチビューティ)美・松山康
0p(0.0.0.3)
5位 フェイトフルウォー(牡・ステイゴールド×フェートデュヴァン)美・伊藤伸
19.0p(1.0.2.0)
6位 [ロックフェアレディ](牝・Rock of Gibraltar×タイムフェアレディ)[栗・鮫島]
未出走
7位 母ヒカルカリーナ(牡・アグネスタキオン)[未定]
未出走
8位 マリーシア(牝・クロフネ×シャープキック)美・小島茂
0p(0.0.0.2)
9位 マギーメイ(牝・ネオユニヴァース×マッキーマドンナ)栗・野元
0p(0.0.0.9)
10位 マックスアリウ(牝・ゴールドアリュール×ローリエ)美・武市
0p(0.0.0.2)

全参加者を驚愕させた(大げさだけど)全馬母父メジロマックイーンというリストでしたが、まずは夏場に1位指名馬オルフェーヴルが新潟で新馬勝ち。
このエース馬1頭でどうにか・・・なんて思っていたところ、10月にフェイトフルウォーがレース前に放馬した後に新馬勝ち、という派手なデビューを飾ってくれました。

年内に6頭がデビューし、勝ち上がったのは上記の2頭だけですが、どちらも十分に牡馬OP戦線で戦える能力を持っているので、まさに2枚看板として後半戦を引っ張ってくれるのでは、と思います。
オルフェーヴルは中山のOP2着後、京王杯で大敗しましたが、どうやら全兄(ドリームジャーニー)同様、左回りはあまり得意でないみたいですし(デビュー勝ちは新潟でしたが、かなり内に刺さってました)、右回りならもっと走れるはず。

未デビュー組の4頭は、まだ馬名登録されていないので、それをアテにするより、上の2頭がどこまで稼いでくれるか、注目点はまさにそこ。
[PR]
by efurin | 2011-01-01 22:07 | それぞれのPOGりん | Comments(0)