ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・7

さて、何かに追われるかの如く、急いで書いていきます。
でも、手抜きはしません。

第7回目は外国産馬職人の謎男さん。
初参戦の前回は藤沢和、角居両厩舎の所属馬を中心に、外国産と持ち込み馬を大量に有して5割以上の3着以内率を確保。
安定性は抜群に高かったのですが、全体的にパンチを欠いた印象で7位に留まりましたが、鋭い指名リストでした。

今回も方向性は継続。
厩舎の偏りは無くなりましたが、外国産は昨年を上回る8頭。
何だか初めて目にする種牡馬名もあったりして、調べるのもなかなか楽しい。

海外のトレーニングセールで好タイムを叩き出した馬もいるみたいですし、早めからブイブイ走ってくる馬も出てくるのではないでしょうか。
上位指名2頭の内国産良血牝馬も楽しみですし、前回以上の順位を狙っていきたいところでしょう。

⑦謎男

1位 レッドディアーナ(牝・ディープインパクト×ケイウーマン)
1/30・下河辺牧場・東京HR・栗・安田

クラブ募集総額2000万円。母はGⅢ勝ち。半兄・モンテクリスエス
「乗り味がいいし、血統的にも期待は大きい。順調なので早めのデビューも検討している」(調教師)

2位 ダンスファンタジア(牝・ファルブラヴ×ダンスインザムード)
4/2・社台F・社台RH・美・藤沢和

クラブ募集総額4000万円。母はGⅠ2勝、母の全兄・ダンスインザダーク、全姉・ダンスパートナー
「たくましい体つき。随分とタフな感じがするし、いい仔を出したんじゃないか」(調教師)「初仔にしては馬格がある。いい筋肉がついているし気性も前向き。母に負けないスピードを持っていると思う」(育成)

3位 [ピューマティック](牡・Indian Charlie×Uncommon Queen)
4/7・米国産・不明・[栗・村山]

10ファシングティプトン・コールダー67.5万ドル

4位 [アンシャンタン](牝・Unbridled's Song×Celtic Melody)
4/22・米国産・未定・[栗・中竹]

09ファシングティプトン・セレクテド21万ドル。母は米GⅠ勝ち
「馬の格好が非常にいい。父親のキャラからまだまだ良くなりそう」(調教師)「いかにもパワータイプ。とても力強い走りをする」(育成)

5位 母Dream of Summer(牡・Unbridled's Song)
3/18・米国産・[リーヴァ]・[栗・矢作]

09キーンランド・セプテンバー25万ドル。母は米GⅠ勝ち
「馬体、血統、動き、今のところは全て揃っているから、あとは、芝で走れるか。ただ、調教の動きを見る限り、芝も大丈夫だと思う」(調教師)「距離に融通性があると思う。見た目よりずっと素軽い動きで重さは感じない。気性も問題ないと思う。名血なので期待している」(育成)

6位 [コスモパルクール](牡・Dalakhani×Sarifa)
5/17・愛国産・未定・未定

09タタソールズ・オクトーバー24万ギニー

7位 母Motel Lass(牡・Speightstown)
3/15・米国産・[栄進堂]・未定

10ファシングティプトン・コールダー55万ドル

8位 母Flash By(牡・Bernardini)
1/31・米国産・不明・未定

09キーンランド・セプテンバー36万ドル

9位 リアライズブレイク(牡・Invincible Spirit×Siringas)
2/21・愛国産・リアライズ・栗・森

函館デビュー予定「父はスプリントCなどのGⅠを勝った短距離馬。だから血統的に見ても、幅があって胴が詰まっている体型から見ても、完全に短距離馬。自信作だから多分走ると思う」(調教師)「手先が軽く、走りはパワフルでスピードも申し分ない」

10位 ジューノエスク(牝・Elusive Quality×Love Walked In)
2/17・米国産・ノースヒルズ・栗・松永幹

4/24入厩「調教の進み具合が早いのでこちらへ連れて来た。小柄だが気性が前向きで素直なので早くから使えそう」(調教師)「外国産牝馬は全体的に仕上がりが早いが、この馬は特に早い。ゲート試験のためトレセンに入厩させて、そのままデビューもある」(育成)
[PR]
by efurin | 2010-06-12 15:58 | それぞれのPOGりん | Comments(0)