ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん開幕編・5

では、サクサクと5回目いきます。

昨シーズンから登録名が変更となったれんがさん。
前回は4頭が勝ち上がり、そのうち3頭が上のクラスでポイントを獲得。
テイラーバートンが二度のGⅢ3着。
これでポイントをジワジワと加算しつつ、最後にエース・アドマイヤプリンスが500万特別勝ち。
結果、混戦の中位争いから抜け出して5位確保。

今回のリストは、関西の一流厩舎の盲点系を突いた感じでしょうか。
全般的に母馬が高齢揃いというのも特徴的。
でも、グレースアドマイヤって案外、まだ14歳(08年当時)だったりする。
そうか、リンカーンが初仔だったのか。

あと、上位勢に「ゆっくり・じっくり」系のコメントが多いのも気になるところだが、果たしてどう出るか。

⑤れんが

1位 [マギストラ](牝・ディープインパクト×マンファス)
3/23・ノーザンF・[サンデーR]・[栗・平田]

クラブ募集総額3200万円。半兄・キングカメハメハ
「うちの厩舎にいた半姉はひ弱なところがあったが、この馬はディープ産駒でしっかりした体つき。大物感があるし、もうひと伸びありそうなのでじっくり構えている」(調教師)「マンファスとディープ、両方の良いところを伝えている感じ。雰囲気はキンカメの2歳時に似ているが、脚さばきなんかはディープを感じる」(育成)

2位 ブロードピーク(牝・ディープインパクト×ブロードアピール)
4/22・ノーザンF・キャロットF・栗・松田国

クラブ募集総額3000万円。母は重賞6勝
「370キロ台で小柄な父を背負った感じ。絶対能力の高い馬なので、じっくり調整していく予定」(調教師)「素軽いフットワークでバネのある走りを見せている。母はダートでも活躍したが、芝でも楽しみ。折り合いも良さそうで、マイルから中距離で良さそうなタイプ」(育成)

3位 アドマイヤサイモン(牡・ハーツクライ×ノーザンプリンセス)
3/14・ノーザンF・近藤利一・栗・松田博

08セレクト4600万円。

4位 アドマイヤパーシア(牡・ゼンノロブロイ×レジェンドトレイル)
3/23・ノーザンF・近藤利一・栗・友道

08セレクト4100万円。母の半姉・シンコウラブリイ
「秋以降にゆっくり」(調教師)

5位 フランボワイヤン(牝・スニッツェル×モスフロックス)
4/30・社台F・グリーンF・栗・松田国

クラブ募集総額1260万円。半兄・ドリームガードナー
「乗り込むにつれ良化が見られ、深いダートコースでも跳びの大きなフットワークで力強い動き」(育成)

6位 [ロベルタ](牝・ブライアンズタイム×グレースアドマイヤ)
2/10・ノーザンF・[近藤英子]・[栗・松田博]

全兄・ヴィクトリー、半兄・リンカーン

7位 [コーイヌール](牡・ジャングルポケット×ブリリアントカット)
5/29・社台F・[社台RH]・[栗・藤原英]

クラブ募集総額5000万円。全兄・タスカータソルテ、全姉・テイラーバートン
「母はここにきてまた良い仔を出してきた。この仔も遅生まれだが、非常に形の良い馬で、今現在どんどん成長している。動きも非常にダイナミック」(育成)

8位 [ダッシャーワン](牡・フレンチデピュティ×ネガノ)
5/5・下河辺牧場・[西尾誠一郎]・[栗・安田]

09セレクト主取。半兄・ダッシャーゴーゴー
「性格はおっとりしているけど、スピード能力の高さは間違いない。丈夫で仕上がりもいいので早めのデビューもあるのでは。兄が取れなかった2歳Sを取ってほしい」(育成)

9位 [クロドレコー](牡・クロフネ×ロゼダンジュ)
1/26・ノーザンF・[山本英俊]・[美・古賀慎]

08セレクト13500万円。母の全兄・ロサード、全弟・ヴィータローザ、半姉・ロゼカラー
「この母系なので馬体は小さめのサイズだが、セレクトの下見で目にした時からバランスが良かった」(調教師)「スピードが勝っているし、体つきもマイラーのもの」(育成)

10位 母マザーラドクリフ(牡・Rock of Gibraltar)
4/2・森牧場・不明・[美・清水利]

「少しうるさい面もあるが、それがプラスに出た良い動き。順調なら新潟デビューも」(育成)
[PR]
by efurin | 2010-06-12 04:36 | それぞれのPOGりん | Comments(0)