ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編⑭

思わずプレステ2の電源を入れてしまいそうになりましたが、ここはグッと堪えて次を書いていこうと思います。
ていうか、こういう前説は必要ないと思うんだけどなぁ。

第14回目はメジロマック委員会さん。
昨シーズンは79.0pを獲得して9位に食い込みましたが、今回はここまで、恐ろしいまでの低空飛行が続いております。
ただ、期待の良血馬たちの出遅れが響いている感じなので、3歳戦での追い込みに期待。

18位 メジロマック委員会 0p(0.0.0.10)

1位 トゥザグローリー(牡・キングカメハメハ×トゥザヴィクトリー 栗・池江郎)
未出走・・・未入厩
2位 [クーデワンダー](牡・グラスワンダー×アラデヤ)
未出走・・・未入厩
3位 エイダイボルト(牡・ネオユニヴァース×エイダイクイン 美・武市)
未出走・・・在厩
4位 アルーリングライフ(牝・フレンチデピュティ×アルーリングアクト 栗・野村)
12月入厩
5位 ソルスティス(牝・クロフネ×シーセモア 美・伊藤圭)
0p(0.0.0.3)・・・放牧中
6位 [リリウムルベルム](牝・ジャングルポケット×ヘイアンリリー)
未出走・・・未入厩
7位 ゴールデンダニエル(牡・キングヘイロー×ゴールデンチェリー 美・中島)
未出走・・・在厩
8位 リリーマルレーン(牝・アフリート×イゾルデ 美・伊藤圭)
0p(0.0.0.5)・・・在厩
9位 メジロカトリーヌ(牝・メジロライアン×メジロダーリング 美・大久保洋)
0p(0.0.0.2)・・・前走後放牧→12月帰厩
10位 メジロチェスター(牡・メジロマックイーン×メジロスノーシュー 美・奥平)
未出走・・・12月入厩

とりあえず既にデビューした3頭については非常に厳しい現状。
驚異的な9着率(10戦中5回)以外、特筆事項は無いのです。

しかし、管理人は密かに未デビュー組に注目しています。
まず上の一覧を見て分かるように、ほとんどの馬が在厩しており、これからのデビューに向けて準備されております。

いつもなら夏の小倉を賑わす一族のアルーリングライフは、血統的にいきなりからポンポコ走っても不思議じゃなかろう。
エイダイボルトはこの血統にしてセリでまったく買い手が付かず、結局、牧場所有として走らせることになった馬ですが、こういうのが活躍すると絵に描いたようなサクセスストーリーになるじゃないですか。
後の名馬列伝に書かれそうなエピソードで。

そして極めつけはメジロチェスターでしょう。
管理人は決してロマン派の競馬ファンじゃないですが、そうでなくともこの血統には注目してしまう。
メジロ血統の結晶。
母の母がメジロラモーヌで父がマックイーン。
母父エルコンドルパサーというあたりからしても、コテコテのステイヤーに出てくれんものか、と期待。
馬体が小さいらしく、このあたりもステイヤーっぽくていいんじゃないか。
POG云々関係なく注目していきたい。

あと、「池江父厩舎の4番打者」とまで言われているトゥザグローリーは、なかなか入厩のメドが立たないようですが、馬体の良さは今の3歳馬でも屈指の評価を受けていた馬ですし、早いとこその雄姿を見たいものです。
これがもっと順調だったらなぁ・・・という感じ。
[PR]
Commented by メジロま委 at 2010-01-03 11:14 x
でも僕だけ1着じゃなくて9着でもおいしいっていうから不思議。
Commented by efurin at 2010-01-03 13:37
(0.0.0.5.5)という表記にした方がいいのかもしれません。
by efurin | 2010-01-02 19:08 | それぞれのPOGりん | Comments(2)