ブログトップ

プールとロックとお馬さん。

それぞれのPOGりん2歳戦編②

あと8日間で17人分、どうにか書き進めていきたいと思います。
どうせ年始はヒマだろう。

今回はご存知「関東馬の魔術師」ことそらおみさん。
こだわりの関東馬限定戦術で、今シーズンも早期からデビュー馬をわんさか送り込んできました。

7位 そらおみ 46.6p(6.4.1.14)

1位 [サンリヴァル](牡・スペシャルウィーク×バレークイーン)
未出走・・・脚部不安などで未入厩
2位 ラッキーダイス(牝・ネオユニヴァース×ミスベガス 美・藤沢和)
6.0p(1.0.0.3)・・・次走1/11フェアリーS予定
3位 トンデモナーク(牝・ファルブラヴ×スプリットザナイト 美・小島茂)
未出走・・・10月に左前脚骨折(全治6ヶ月)
4位 マイネテレジア(牝・ロージズインメイ×マイネヌーヴェル 美・稲葉)
5.0p(1.0.0.2)・・・10月に左前脚屈腱炎発症
5位 スペースアーク(牡・スペシャルウィーク×サミットヴィル 美・堀)
7.0p(1.0.0.3)・・・放牧中
6位 ウォンビーロング(牝・ストラヴィンスキー×タイフウジョオー 美・藤沢和)
6.8p(0.3.0.0)・・・前走取り消し後、放牧中
7位 ダノンシュナップス(牡・デュランダル×ミスベルベール 美・国枝)
5.0p(1.0.1.2)・・・放牧中
8位 シーズンズベスト(牝・ゼンノロブロイ×シーズアン 美・藤沢和)
7.0p(1.0.0.0)・・・前走後、ヒザの脱臼、骨片除去手術など→経過良好
9位 ロジディオン(牝・サニングデール×ウメノディオン 美・萩原)
7.0p(1.0.0.1)・・・前走後、放牧→11月に入厩も再放牧
10位 コロラトゥーラ(牝・プリサイスエンド×ベルグチケット 美・手塚)
2.8p(0.1.0.3)・・・7月の未勝利13着後骨折→10月に戦線復帰

ご覧の通り、今年も年内に8頭をデビューさせ全馬ポイント獲得、6頭を勝ち上がらせるという手腕を発揮してくれました。
しかし、その後が不運の連続で、500万クラス以上でポイントを獲る馬が現われておりません。
特に、新馬戦の勝ちっぷりから相当な器だと思われたシーズンズベスト。
同じ父の牝馬・アニメイトバイオにも劣らない能力の持ち主だと踏んでおるだけに、無理のない形で戦線復帰してもらいたいところです。

一方、順調な組で今後の期待がかかるのが牝馬エースのラッキーダイスとスペースアーク、ダノンシュナップスの牡馬2騎でしょうか。
ラッキーダイスは年明けのGⅢ戦で真価が問われます。
ネオユニヴァースの仔は中山に向くイメージがありますし、初コースで能力発揮といきたいところか。
牡馬の2頭は共に、勝ち上がってからがワンパンチ欠ける印象の走りですが、スペースアークはしぶとい末脚、ダノンシュナップスは特に前走、後方から鋭い末脚を見せてくれたので、それぞれその持ち味に磨きがかかれば500万は勝てるのではないでしょうか。

今後はこの3頭を主軸に、いつでも勝ち上がれそうなウォンビーロングの奮起、そしてシーズンズベストの早期復帰、これらが上位戦線に踏み止まる条件となってきそうです。

あと、母バレークイーンとトンデモナークは期間内に間に合ってくれるでしょうか・・・。
2シーズン連続の全馬デビュー達成はこの2頭次第。
[PR]
by efurin | 2009-12-28 21:10 | それぞれのPOGりん | Comments(0)